自分の都合に合わせて住むことができる横浜のマンスリーマンション

SITEMAP

笑顔の女性

臨機応変に利用できる横浜のマンスリーマンション

女性の部屋

マンスリーマンションは、月単位で借りるマンションをいう認識を持っている方が多いのではないでしょうか?ただ実際は最低1ケ月で、超えた分は日割りの制度である物件が多くなっています。そのため1ヶ月を超えると2ヶ月計算になるのではなく、31日、40日、90日など好きな期間で契約を行うことが出来るようになっています。
また最長日数はほとんどの場合で「364日間」とされています。これは「定期建物賃貸借契約」の手続き上の都合で1年以下になるように設定されているためです。
そのため1ヶ月以上、1年以下であれば好きなように契約ができ、無駄がないのもマンスリーマンションのメリットといえます。
ただ「いつまで利用するかわからない」といった場合にも、とりあえずは期間を確定して契約する仕組みになっていることが多いので、だいたいの日にちで退去日は決めておく必要があります。
そしてマンスリーマンションに住みながら契約の延長をすることはできます。
次の契約が入っていない場合はスムーズで、延長の手続きをすれば引き続き同じ部屋に住むことができます。マンスリーマンションでは延長は珍しいことではないので、予め延長するかもしれない旨を伝えておくと、次の予約をすぐに入れないようにするなどの対応ができるように工夫がされているケースがほとんどです。そのため30日を越えて1年以下の契約では、臨機応変に利用することができることがマンスリーマンションのメリットになるので、いざというときのために覚えてくことをおすすめします。

PRESS RELEASE

デザイナーズマンション

2020年01月14日

短期間で仕事や勉強に集中するなら横浜のマンスリーマンション

短期間で仕事や勉強を集中して行いたいという方は多いのではないでしょうか。ビジネスホテルなどに連泊するという方法もありますが、日によって価格が変動するので、費用が思ったよりも高くかかったりすることも多いです。その点、マンスリーマンションなら1日を一定の金額で借りる事が出来るので安心です。…

TREND NEWS

TOP